« 私がご主人様!? No.14 | トップページ | 私がご主人様!? No.16 »

2005.06.24

私がご主人様!? No.15

 ベットに横になり私は天井を見つめてた。
 突然ここへ行かされ、行った先にはメイドさん達が居て、私を”ご主人様”と呼んで・・・・
 何だか人生観が大幅に変わってしまいそうだった。まあまだ16年間しか生きていない人生なんだけど。
 その中私は眠りに落ちていった、どうやら移動の疲れが今頃出てきたらしい。
 食事までまだ間が有りそうだし、ちょっと眠っても良いか、そう思った瞬間、意識が吸い込まれるように消えた。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ここはどこだろう・・・・学校みたいに見えるけど、私の通っていた学校ではないみたいだった。
 そこには数人の子供達、年上の女の子が、年下らしい女の子を見ている。
 「えーーん。」
 泣いているのだろうか、そんな声がする。私は居ても立っても居られなくなり、その女の子の元に駆け寄る。
 「泣いちゃ駄目・・・泣いたら負けだから・・・・」
 泣いていた女の子が私を見る、涙を目に溜めたその女の子は・・・
 あれ・・・?何だか最近会った誰かに似ているような・・・・?
 「そうよ祐希さんの言う通りよ・・・」
 優しくその子を抱いて慰める年上の女の子、私を見て感謝の笑みを浮かべるその子は、さっきの子同様最近会った誰かに似ている。
 「ありがとう・・・祐希お姉ちゃん。」
 「ありがとうございます・・・祐希さん」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 次の瞬間、私はベットの上で目を覚ます。
 何だろうこの夢・・・、そして出てきた二人の子供達・・・・懐かしい感じ・・・あれは?

|

« 私がご主人様!? No.14 | トップページ | 私がご主人様!? No.16 »

「SSコーナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34504/4693920

この記事へのトラックバック一覧です: 私がご主人様!? No.15:

« 私がご主人様!? No.14 | トップページ | 私がご主人様!? No.16 »