« 私がご主人様!? No.07 | トップページ | 私がご主人様!? No.09 »

2005.06.03

私がご主人様!? No.08

 「それではご主人様こちらへ。」
 挨拶を終えた彼女に促され、私は広いポーチを歩き扉に向かう。
 既に扉(これもやたらに高価そうだった)は開けられ、左右にメイドが立っている。
 うやうやしく頭を垂れているメイドの横を通り抜け、私は屋敷の中に入る。
 「・・・と私の荷物・・・」
 そう言って後ろを振り向くと、既に車から降ろされ、メイド達の手で運ばれていた。
 「ご主人様の荷物はお部屋に運んでおきますので、ご安心を。」
 先導していた女性がそう言って微笑む。・・・それにしても綺麗な人だ。
 同じ女性でもどきどきさせられる。言っておくがそっちの趣味は無いぞ。
 しかし、これは・・・入った玄関らしき所で私は再び驚かされる。
 何とまあ広い玄関だこと・・・それだけで一部屋に使えるくらいあるみたいだ。
 そこを横切り、廊下を歩いて、私達はようやく一つの扉の前にたどり着く。
 「どうぞお入り下さいご主人様。」
 案内してきた女性が扉を開けてくれる。私は部屋に入る。
 結構広い部屋だった、中央にソファが置かれ、壁には絵画が掛けられている。
 屋敷といい、この部屋といい、私には身分不相応な気がしてしょうがない。

|

« 私がご主人様!? No.07 | トップページ | 私がご主人様!? No.09 »

「SSコーナー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34504/4398899

この記事へのトラックバック一覧です: 私がご主人様!? No.08:

« 私がご主人様!? No.07 | トップページ | 私がご主人様!? No.09 »