« 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇・再世篇 | トップページ | 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇・天獄篇 »

2014.08.06

GODZILLA(2014)

すごく興味がそそられたので、ハリウッド版「ゴジラ」を観に行きました。
映画館に行ったのは何年振りだろう。

ハリウッド版「ゴジラ」といえば、だいぶ前に見たことがある(1998年)のですが、あれははっきり言ってひどかったですね。
ゴジラというよりジェラシックパークみたいな感じがして、自分にとっては期待外れもいいとこでした。
今回の「ゴジラ」はどのように描かれているのだろうか、とても興味があったのです。
この映画を見る前に評論家の記事が目につき、何が書いてあるのか気になったので読んでみました。
映画を見る前に内容を知ってしまうと、余計な先入観で観てしまって映画を正当に楽しめないと思うのですが、前作ゴジラのこともあり、観てから後悔したくなかったのです。

で、実際観てみました。
さすがはハリウッド、映像はすごい迫力がありました。
3Dではなく2Dで観たのですが、それでも十分すぎるぐらいです。
全身像のゴジラを最初から見せるのではなく、影や尾や背びれからなど少しずつ見せていたのも、いい感じでした。やはりこうでなくてはクライマックスで盛り上がれません。
ゴジラの敵(と言えばいいのだろうか)ムートーとの戦いでは、姿が煙で見えにくく何がどう動いているのか分かりづらい場面もありました。
だがよくよく考えれば、そこがまたリアル感・臨場感が出ていて良いという気もしてきました。
ゴジラの英語スペルGODZILLAが示すとおり、ゴジラが「神」ならばムートーは「悪魔」、これは神と悪魔の戦いの場面なのだと思わさせられました。
神と悪魔ならば人間の文明など彼らには眼中にないのだろう、躊躇なく破壊されていく建物。
もちろん人間もただやられてばかりではありません。
ムートーの巣を破壊したのは人間側の主人公、かな・・・?ちょっと分かりにくかったのですが。
まあセリフなどでいろいろ説明されるよりは、映像だけのほうが興ざめしないこともありますよね。
ゴジラはラストでムートーを倒した後は無駄な破壊をすることなく去って行きました。
ゴジラが救世主なのか破壊者なのか、というような場面がありましたが、どちらも当てはまっていると思います。
というよりか、どちらかに決めつけるのは人間の勝手な思いよがりなのではないでしょうか。
映画でも決めつけてなかったので、この点は良かったです。

総合的には、こういうゴジラも”あり”だなと思いました。
日本でもまたゴジラを作ってほしいとも思うのですが、一度「ファイナル」やってしまってるし無理でしょうねえ。
下手なゴジラが作られてしまうなら、最初から作らない方がマシですし。
でも日本の過去作以上のゴジラが作られるのなら、観てみたい気もしています。

|

« 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇・再世篇 | トップページ | 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇・天獄篇 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34504/60407671

この記事へのトラックバック一覧です: GODZILLA(2014):

« 第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇・再世篇 | トップページ | 第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇・天獄篇 »